大半は、愚痴をぐだぐだ、書くところ。たまぁに絵も、あるけれど。たいしたことは、ないのですよ?
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
めも
2009-03-05 Thu 13:54
夕飯時の薬は吐き気が酷いと伝えたら吐き気止めも処方されたぜーHAHAHA

昨日病院の帰りに。
京王線が13時すぎの人身事故により遅延。
うん、帰りだからいいんだけど。
駅ビルのよーなとこをうろついて、「さすが一等地にあるレストラン、お値段異常」とか言ってきた。
そんな異様に高いわけじゃなかったけど。






京王線は10分遅延で。
入ってきた電車さっさと戻してたから、さっさと遅延も終わると思っていたが、夜になっても10分遅れのままだったらしい。
ついでに南武線でも人身事故が夜あったそーで、混み具合が異様だったらしい。
友人曰く「10分「も」遅れてて」だそうだが、、、
10分で取り戻せるならたいしたことなくねー・・って思うのは田舎モノなのかしら(´・ω・`)ショボーン




↓処方された吐き気止め。
朝夕だけれども、落ち着いたら勝手にやめていいそうだ。
吐き気のする薬自体も、副作用は2,3週間で落ち着くとあったから、様子見でも私はよかったんだが・・


ナウゼリン

製品名
ナウゼリン

製薬会社名
協和発酵

分類
処方薬

一般名
ドンペリドン錠

識別コード
包装:KH306 10mg @:10mg
本体:KH 306

形状


規格単位
10mg1錠

薬価
19.40

種別
胃腸のはたらきをよくする薬,吐き気止めの薬

主な作用
胃腸の自動運動を高めて胃の内容物の排出を促進したり,また排出が早すぎる場合は,少し抑えるなど,胃の排出能を正常にする作用があります。また,吐き気を抑える作用もあります。内服・坐薬とも吐き気,食欲不振,腹部膨満感などの消化器症状に用いられます。

副作用など
内服・坐薬・注腸剤ともに,じんま疹・かゆみ,ときにショック,意識障害,けいれんなどの過敏症状,下痢,腹痛などが起こることがあります。ねむ気,ふらつき,動悸,発汗,乳汁分泌,乳房が張る感じなどが起こることもあります。

用い方と注意
内服は食前に服用してください。坐薬はほかの内服薬を飲む30分くらい前に用いるのが,吐き気を抑えるうえでより効果的です。注腸剤は,できるだけ排便後に用います。眠くなることがあるので,危険な作業や車の運転は避けましょう。





薬ってサ、全部最後に「車などの運転は避けましょう」ってあるけどサ。
そーしたら私は車なんて一生運転できなくね・・?
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<だはー。 | HOME | あー・・>>
この記事のコメント
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。