大半は、愚痴をぐだぐだ、書くところ。たまぁに絵も、あるけれど。たいしたことは、ないのですよ?
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
綺麗と汚いの境。
2007-10-19 Fri 01:50
外見でも言葉でも、綺麗とか汚いとか、人それぞれの境はあるわけだが。
綺麗な歌、綺麗な歌詞/汚い歌、汚い歌詞
この違いはどこから生まれるのだろう?
これも人それぞれの境でいいのだろうか?

すべてを表現するために、
今までは汚い言葉を隠してきたけれど、綺麗な言葉に変えてきたけれど、と言っていた。

では、言葉にならない表現はどうするのだろう?
汚い言葉で拒否られてもこの人たちは続けるのはわかっている。
表現しづらいものを、わかりやすく綺麗な言葉で表現するのは、違うということなのだろうか?

隠してきたとも言っていた。
すべて出せばいいというものでもないと思う。

○○していたつもり、つもり、そればかり。

当時は納得したから歌っていたのでは?
生き様というなら、その過去も受け入れてもいいのでは?


作ったそのモノだって、あなた自身じゃないですか・・・





自分に自信がなく、受け入れる気があるのかもよくわかってない私が言っても説得力なんてありませんけど。
結局まとまらないしね・・・
別窓 | 謎ぃもの。 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<あひゅ。 | HOME | しっくはっく。>>
この記事のコメント
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。