大半は、愚痴をぐだぐだ、書くところ。たまぁに絵も、あるけれど。たいしたことは、ないのですよ?
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
約束の丘
2000-04-13 Thu 02:39

第八巻 216ページ…

鬱蒼と生い茂る ウェルケンラートの森
その向うに約束の丘がある
瞬いた刹那 その闇の中に灼きつく風景
彼は生涯忘れえぬ夕陽を見た…

「何があろうと僕は必ず…
  君の元へ帰って来るよ…」
「…ええ信じてるわ…愛してるもの…   忘れないでアルベール」

その日の空の色 哀しい程に朱く
(離れても二人を 結びつける朱石)

若い二人は甘い永遠(とわ)を丘に誓った…
(の首飾りを架け誓った…)

時が語り手を欠いたとしても
物語は紡がれ続けるだろう
白鴉が羽ばたいて往く<ミチ>…
斜陽の空に何を求めて…

別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<< <ハジマリ>のクロニクル | HOME | 黒の預言書>>
この記事のコメント
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。